津軽名産 干餅づくり

津軽名産 干餅づくり

web-2921.jpg

web-2922.jpg

web-2923.jpg

web-2924.jpg

web-2925.jpg

五所川原市の俵元地区では、今の時期盛んに、津軽の昔からの名物である干餅づくりが行われています。干餅とは四角に切った餅を、寒風にさらしてつくる餅のことです。津軽の保存食として、昔は各農家で今の時期つくっていたものですが、今は専門的に作っている農家だけです。俵元地区では、前は15軒近く干餅を作っていたそうですが、今は7軒しかなくなったそうです。
 干餅は他県にはなく、青森県でも津軽地方にしかない食べ物です。その食べ物が、ずらっと垂れ下がっているのを見ると、壮観ですね。
 他県には売っていないそうですから、食べてみたい人は、取材した兼成さんに連絡してみてください。
 「〒037-0623 青森県五所川原市大字俵元字松代46-1 兼成健逸」

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

弘前公園 冬景色

弘前公園 冬景色

web-2906.jpg

web-2907.jpg

web-2908.jpg

web-2909.jpg

web-2910.jpg

 弘前公園はさすが全国的に有名だけあって、いつ行っても観光客がいます。 冬は晴れる日は少ないのですが、このようなときに歩くと気持ちが本当に爽やかになります。
 まもなく、2月9日~12日まで弘前城雪燈籠まつりが行われます。厳冬の夜、雪化粧した天守閣と老松がライトアップされ、幻想的で詩情豊かな郷愁を誘い、本丸から岩木山に向かって望む蓮池の周りには、ローソクを灯したミニカマクラが並び、あたりは雪と光のファンタジーに包まれる予定ですので、一見の価値はありますよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

朝陽の鶴の舞橋

朝陽の鶴の舞橋

web-2836.jpg

web-2837.jpg

web-2838.jpg

web-2839.jpg

web-2840.jpg

 雪が積もってくると、津軽富士見湖を自由に歩くことは難しくなってきますが、舞橋の写真を撮る分には、道路が通っているので困りません。それで、行くのですが、このときは天気に恵まれて、ちょうど雲の上方から太陽が上がってきました。
 赤をバックにした鶴の舞橋を見ると、鶴の舞橋は本当に映えましね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

五所川原地区の岩木川

五所川原地区の岩木川

web-2736.jpg

web-2737.jpg

web-2738.jpg

web-2739.jpg

web-2740.jpg

 岩木川は青森県で一番長い川で、津軽平野をつくった川です。世界遺産白神山地から流れ出て、弘前市・五所川原市をとおり、津軽半島の北、十三湖に出て、日本海に出ていきます。五所川原市のところに来ると流れも緩やかになります。
 晴れて風もなかったので、川は水鏡のようにいろいろなものを写し出していましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

鶴田町1月の風景

鶴田町1月の風景

web-2751.jpg

web-2752.jpg

web-2753.jpg

web-2754.jpg

web-2755.jpg

 私の住んでいる鶴田町は、米、りんご、ぶどうなど農産物が中心の町です。それ故、のんびりとした静かな町です。そののんびりとした風景は、冬になると際立ってくるように感じます。 道路や線路を雪から守る防雪柵が造られることもあって、冬独特の光景が見られるので、冬は変化のある写真が撮れますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ