五所川原市 > 「カッチョ」のある村 磯松

「カッチョ」のある村 磯松

「カッチョ」のある村 「磯松」

web-637.jpg

web-638.jpg

web-639.jpg

web-640.jpg

web-641.jpg

 カッチョとは津軽地方のものすごい北西の風を家から守るために木で作られた壁のことを言います。特に冬は地吹雪といって、雪が地面から降ってくるように見えて、一寸先が見えないような状態になります。それで昔から生活の知恵としてカッチョを作ってきました。最近は風に強い家が新築されてくるにつれてカッチョは少なくなってきています。カッチョが昔ながらに保たれているところが、日本海側にある寒村の磯松という部落です。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

72:カッチョと言うのですね

こんにちは
鉛色の空と相まって、美しい光景ですね。さぞかし寒いのでしょう。
前回の「こみせ」と言い、屋根好きにはたまらない感じです。

2013.12.14 09:52 やや #YgKj3tPc URL[EDIT]
74:Re: カッチョと言うのですね

こんにちは 写真に撮れば美しく見えると思いますが、現実はこれからものすごく厳しいです。寒さも雪も。春に向かってひたすら我慢です。

2013.12.15 09:26 かんちゃん #- URL[EDIT]
75:始めてです。

こんにちは。
地吹雪はテレビなどで放送され、
毎年の様に見ていましたが、「カッチョ」
は知りませんでした。
先人の知恵なんですね。
温かい時にでも見たい風景だなぁと思います。

2013.12.15 16:01 ノンビリサン sachiko #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する