下北半島 > 恐山菩提寺

恐山菩提寺

恐山菩提寺

web-2528.jpg

web-2529.jpg

web-2530.jpg

web-2531.jpg

web-2532.jpg

 霊場恐山を管理しているのが、恐山菩提寺です。貞観4年(西暦862年)、平安時代の天台宗の高僧、慈覚大師円仁が、一羽の鵜に導かれてこの地にいたり、地蔵尊を祀ったのが始まりと伝えられています。本尊は地蔵菩薩。現在は本坊を曹洞宗円通寺が勤めています。
 境内には、温泉があり、宿泊もできるので、ゆっくりと地獄と極楽の雰囲気を楽しめそうですよ。

 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

804:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.10.23 08:18 # [EDIT]
805:Re: タイトルなし

こんにちは

霊場恐山には私のところから遠いので、何回も訪れているわけでないですが、
行くたびに、ここが霊場になった理由が分かるような感じがします。
津軽地方にも、規模の小さい川倉霊場などがあります。
昔の人たちは、先祖に会うために必然的にその地方地方にこのような場所を造ったのかもしれませんね。

2016.10.23 08:56 かんちゃん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する