岩木山 > 「嶽きみ」とうもろこし

「嶽きみ」とうもろこし

「嶽きみ」とうもろこし

web-1842.jpg

web-1843.jpg

web-1844.jpg

web-1845.jpg

web-1846.jpg

 岩木山の山麓の周遊道路を、弘前方面から登っていくと、嶽温泉のある嶽地区があります。ここでは「嶽きみ」のブランドで有名なとうもろこしを売っています。他のとうもろこしと違って、なぜ「嶽きみ」が美味しいかというと、山で昼夜の寒暖の差が甘さを増すからだと言われています。
 私も毎年贈答用に買いに行くのですが、道端に造られたお店にはたくさんのお客さんがいました。それにしてもびっくりしたのは、お店の前の道路の反対側の電線上に、猿の集団が移動していったことです。おいしいとうもろこしがあることを知っての行動だと思いますが、農家の人々の嘆きが聞こえてきそうでした。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

574:

昔青森の義母が育てていたトウモロコシは黄色だけでなく、ところどころに白が混じったようなトウモロコシでした。
それが半端ない甘さで毎年送ってくれるのを楽しみにしていたものです。昼間は30度近く暑く、夜はストーブを炊くような寒さが良いのでしょうね。
お猿さん、困ったものですね。

2015.09.08 11:48 aunt carrot #Hzu7QKvo URL[EDIT]
575:Re: タイトルなし

こんにちは

トウモロコシばかりでなく、りんごも昼夜の寒暖の差があった年は、色づきがよく、甘みが増すと言っていました。
作物は、寒暖の差があった方が良いみたいですね。
温暖化が進んでいるので、これからが心配ですね。
何年も、嶽にトウモロコシを買いに行っていますが、猿をしかもたくさんの猿を見たのは、今回が初めてです。
温暖化の影響でなければよいのですが・・・

2015.09.09 08:57 かんちゃん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する