北海道 > 「北の国から」の「拾って来た家」

「北の国から」の「拾って来た家」

「北の国から」の「拾って来た家」

web-1351.jpg

web-1352.jpg

web-1353.jpg

web-1354.jpg

web-1355.jpg

 「拾って来た家」とは富良野市麓郷の町中にある変わった家のことをいいます。ここには、テレビドラマ「北の国から」で使われた黒板五郎氏の4番目の家や、雪子さんのアトリエと住居、正彦とすみえの家、純と結の家などがあります。すべて廃バスや大型トラックの荷台、ゴンドラ、電話ボックスなどの廃材を利用してつくられたということです。
 雪の中でこれらのセットを見ると、10年以上もたった建物がさらに趣が増しているように見えたので、不思議な感じがしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ


管理者にだけ表示を許可する