鶴田町 > りんごの小屋

りんごの小屋

りんごの小屋

web-1231.jpg

web-1232.jpg

web-1233.jpg

web-1234.jpg

web-1235.jpg

 青森県はりんごの生産量が日本一です。そのりんごの収獲の時が来ました。
 りんご一個を作るために、本当に手間ひまがかかっています。まず、雪がとけるまでに、りんごに光を当て丈夫な枝をつくるために枝切りを行います。次に、4月に肥料をまいて、開花したら受粉、そして、花摘み、実すぐり、定期的な農薬散布、草取りと続き、6月になると袋掛け、徒長枝整理が始まり、りんごが大きくなってくると枝を折れなくするための支柱入れ、袋はぎ、収獲が近くなってくると、着色のための反射シート敷き、葉採り、実まわしと、本当に休むひまがないほど、次ぎから次へと仕事があります。
 そのため、ほとんどの農家がりんご畑にりんごの作業小屋を建てています。その作業小屋は色々で、よくよくみるとそれぞれ特色があって面白いものですよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ


管理者にだけ表示を許可する