動物 > ガン・カモたちの旅立ち

ガン・カモたちの旅立ち

ガン・カモたちの旅立ち

web-930.jpg

web-931.jpg

web-932.jpg

web-933.jpg

web-934.jpg

 雪がとけて田んぼが見えるようになってくると、ハクチョウやガン・カモたちの故郷に帰る姿が目に付くようになってきます。あちこちのため池や田んぼには休憩をしている姿が目立ちます。シベリヤからこちらに来るときはそれほど目立たないのに、帰るときは大変目立つのはどのような理由があるのでしょうか。いずれにせよ、これから数千キロも飛んでいくわけですから、彼らの無事を祈るしかありません。頑張れ、ガン、カモ!

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

164:

凄い数ですね!(@_@;)

編隊を組んで飛んでいる姿も、実に美しいです・・・しかし、見送る者にとっては、淋しい気持ちにもなりますよね。

琵琶湖のコハクチョウたちも飛び立ちました・・・。

みんな、また来年、元気にやって来てほしいものです。(*^_^*)

2014.04.11 16:21 妖精ボージー #- URL[EDIT]
165:Re: タイトルなし

こんばんは
 すごい数のかもがいたところは、砂沢ため池というところですが、ここは毎年、雪がとけて湖面が現れると、北に帰る途中のカモたちが一休みするところです。白鳥もいるのですが、ほとんどはカモたちで、多い年には湖面一面がカモというときもあります。そういう時は、本当に壮観ですね。
 朝日の中を、ハクチョウが飛び立ち、続いてカモたちが続々と飛んでいく姿を見ていると、美しいなと感じるとともに、無事に故郷に着いてほしいと願わずにはいられませんね。

2014.04.11 18:12 かんちゃん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する