FC2ブログ

2019年08月 の記事一覧

津軽33観音霊場

津軽33観音霊場

web-1847_20190622083435970.jpg

web-1848_20190622083449b00.jpg

web-1849_201906220835024a6.jpg

web-1850_2019062208351348d.jpg

web-1851_20190622083527a26.jpg

 津軽三十三観音霊場は、青森県弘前市、 五所川原市を中心とした33ヶ所の観音霊場のことです。 全国的にはお遍路の霊地巡礼は、西国三十三所あるいは四国八十八所がよく知られていますが、ここ津軽から行くのははるかに遠いので、江戸時代の中期に今の津軽三十三観音霊場が出来たと、解説書に書かれていました。
 弘前市や五所川原市を中心に津軽三十三観音はあるのですが、遠くは津軽半島の先端や西海岸の深浦まであるので、全部回るには車で3日間もかかりました。 霊場の雰囲気を醸し出すところが結構あったので、苦労して行ったかいがありました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

地獄沼

地獄沼

web-4496.jpg

web-4497.jpg

web-4498.jpg

web-4499.jpg

web-4500.jpg

 地獄沼は八甲田山中の酸ヶ湯温泉の近くにあります。 かつて爆裂火口跡に、近くから湧き出る温泉水がたまったものです。泉温98度あります。 付近には火山活動のなごりの噴気口がいくつかあり、硫黄を多く含んだガスや温泉が噴出しています。 このため、草や木が生えない荒涼とした景色ところどころにあります。
 行ったときはちょうどガスがかかっていたときなので、地獄沼のイメージとぴったりの地獄沼を見てきました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

田代高原ブナ林散策道

田代高原ブナ林散策道

web-4491.jpg

web-4492.jpg

web-4493.jpg

web-4494.jpg

web-4495.jpg

 田代高原ブナ林散策道は八甲田山中の田代高原にブナの魅力を気軽に味わってもらいたいと、昨年の8月に造られた散策路です。
 起伏の少ない、約1.5キロの散策路なので、マイナスイオンをいっぱい吸いながら、楽しいひとときを過ごしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

鶴の舞橋と青雲

鶴の舞橋と青雲

web-4581.jpg

web-4582.jpg

web-4583.jpg

web-4584.jpg

web-4585.jpg

 空を見上げたら、入道雲でなく秋空に近い雲が出ていました。 それで早速津軽富士見湖へ行きました。 いつもは、津軽富士見湖のあちこちを撮るのですが、今回は鶴の舞橋とのコラボで撮ってみました。 やはり鶴の舞橋があると、青雲もひき立つと思いませんか・・・

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

森山海岸

森山海岸

web-4661.jpg

web-4662.jpg

web-4663.jpg

web-4664.jpg

web-4665.jpg

 森山海岸は深浦町の岩崎地区にある十二湖へ入る付近にある海岸です。 象岩をはじめ日本海の荒波によってできた奇岩があちこちにあります。
 ちょうどお盆の時期に行ったので、普段は静かな海岸も、遊びに来ている人たちが結構いて賑わっていました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

藤崎夏祭り「ながしこ」

藤崎夏祭り「ながしこ」

web-4656.jpg

web-4657.jpg

web-4658.jpg

web-4659.jpg

web-4660.jpg

 津軽の夏祭りで大変ユニークな祭りがあります。 それが藤崎町の「ながしこ」です。 藤崎町で大正12年、町制施行を記念して始められた七夕行事だということです。 山車が「津軽夜神楽」の音色に合わせて町内を練り歩きますが、主役は「ポーズを作った生きる人形」です。 人形や張り子などが乗っている通常の山車とは一味違った、藤崎町独自の山車だと思います。
 山車の台数は7台と少なかったのですが、素朴な山車で、暖か味がありました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夏空の大沢内ため池

夏空の大沢内ため池

web-4466.jpg

web-4467.jpg

web-4468.jpg

web-4469.jpg

web-4470.jpg

 大沢内ため池は中泊町の大沢内地区にある、農業用のため池です。 春先の満々といた水は少し下がっていましたが、まだ十分に残っていました。 真夏のぎらぎらとした青の光線が水面で反射し、まさしく夏だと感じましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

五所川原立佞武多

五所川原立佞武多

web-4646.jpg

web-4647.jpg

web-4648.jpg

web-4649.jpg

web-4650.jpg

 青森県の三大ネブタの一つ、五所川原立佞武多を3年ぶりに見てきました。 何回も見ていると感動が薄れてきますが、今年の新作「かぐや姫」が話題になっていることもあっていきました。 佞武多の中で五所川原市でつくっている3台の佞武多は高さ約23m、重さ約19Kあり、それらが通る時には圧倒的迫力を感じます。 何せ五所川原市には高い建物がないので、屋根の上に見える佞武多にはびっくりしますね。
 3年ぶりに行って感心したのは、以前のような異様なカラス族がいなく、運行がスムーズに華麗に行われていたことでした。 五所川原の佞武多も17年たって見に来てくれる人に本当の感動を与えれるように成長したということですかね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夕陽の出来島海岸

夕陽の出来島海岸

web-4481.jpg

web-4482.jpg

web-4483.jpg

web-4484.jpg

web-4485.jpg

 出来島海岸はつがる市の出来島地区の海岸です。 日本海側の七里長浜の一部分で、砂地で出来ている海岸です。 夏には海水浴場が開かれるので、結構賑わいます。
 夕方行ったので、海水浴場関係の人は誰もいませんでしたが、夕陽を見るために何人かはいました。 薄雲があっての夕陽だったので、情緒のある夕陽を楽しむことが出来ました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

鶴田八幡宮、宵宮

鶴田八幡宮、宵宮

web-4641.jpg

web-4642.jpg

web-4643.jpg

web-4644.jpg

web-4645.jpg

 今の時期、津軽地方では毎日のように各地の神社で宵宮が行われています。 津軽では氏神様の大祭前夜祭である宵宮を「ヨミヤ」と呼んでいます。 子どもたちにとっては大変楽しみな時間です。 それは参道にたくさんの露店が並び、いろいろと楽しめるからです。
 鶴田八幡宮は鶴田町の中心の神社で、大きく立派です。 広さはそう広くはありませんが、人であふれていました。 いま、宵宮が衰退してきているという情報を聞くにつれ、昔ながらの賑やかな宵宮を見るとさっぱりしますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ