FC2ブログ

2018年10月 の記事一覧

十二湖・日本キャニオン

十二湖・日本キャニオン

web-3931.jpg

web-3932.jpg

web-3933.jpg

web-3934.jpg

web-3935.jpg

 十二湖にある日本キャニオンは浸食崩壊によって凝灰岩の白い岩肌がむき出しになったダイナミックなU字谷大断崖で、アメリカ合衆国のグランドキャニオンにヒントを得てつけられた名前です。
 どの時期に行っても、日本キャニオンのスケールの大きさに驚かされますが、紅葉の時期に行くと、白い岩肌をバックに紅葉が映えるので一味違ったキャニオンを楽しめますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

十二湖・落口の池

十二湖・落口の池

web-3926.jpg

web-3927.jpg

web-3928.jpg

web-3929.jpg

web-3930.jpg

 十二湖は深浦町の岩崎地区の白神山地の一角にある湖です。 十二湖といっても一つの湖でなく、広大なブナの森に点在する33の湖沼が、「大崩(標高694m)から見ると湖沼数が12に見える」ということに由来するとも言われています。 その中の一つが十二湖庵で抹茶をいただきながら観賞できるのがこの落口の池です。
 曇り空の日に行ったので、落ち着いた紅葉を見れて、大満足しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

白神山地ビジターセンター

白神山地ビジターセンター

web-3921.jpg

web-3922.jpg

web-3923.jpg

web-3924.jpg

web-3925.jpg

 白神山地ビジターセンターは弘前市の奥地、西目屋村にある施設で、白神山地の魅力と自然情報等の発信及び自然ふれあい活動推進の拠点施設として平成10年に開館いたしました。 巨大なブナ林の四季を大型スクリーンで紹介する映像体験ホール、世界のブナや自然遺産、生態系について紹介している展示ホールがあります。
 入館料は無料で(映像は有料)、行くたびごとに白神山地のブナのすごさ、素晴らしさが分かって、感心して帰ってきます。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

沼めぐりの小路

沼めぐりの小路

web-3916.jpg

web-3917.jpg

web-3918.jpg

web-3919.jpg

web-3920.jpg

 八甲田山中の蔦温泉の近くに、蔦沼を中心にした大小6個の沼をめぐる散策路、通称「沼めぐりの小路」があります。 ほとんどの観光客は、蔦温泉に一番近い蔦沼を見て引き返します。 でも、そこから約1時間ほど歩くと一周して蔦温泉に戻ってこられます。
 6個の沼は大変変化に富んでいるし、きつい山登りでもないので、私は訪れれば運動をかねて必ず一周します。 新緑や紅葉の時は最高ですね。
 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

谷地温泉の紅葉

谷地温泉の紅葉

web-3911.jpg

web-3912.jpg

web-3913.jpg

web-3914.jpg

 谷地温泉は八甲田山中にある開湯400年の歴史を誇る温泉で、日本三秘湯の宿として知られています。 ちなみに日本三秘湯とは徳島県にある祖谷温泉、青森県の谷地温泉、北海道のニセコ薬師温泉です。
 晴れた日だったこともあって、谷地温泉はちょっとした散策路もあるので、入浴を楽しんだついでに、紅葉を楽しむ人であふれていました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

地獄沼付近、紅葉真っ盛り

地獄沼付近、紅葉真っ盛り

web-3906.jpg

web-3907.jpg

web-3908.jpg

web-3909.jpg

web-3910.jpg

 八甲田山は広いので、紅葉の名所はたくさんありますが、あまり知られていない隠れた名所が結構あります。 その中の一つが酸ヶ湯温泉の上方にある地獄沼付近です。 たいていの観光客は地獄沼の紅葉を見て立ち去ります。 でも、地獄沼から流れ出ていく下流の方の小さな道を歩いていくと、本当に紅葉が見事なところがあります。 
 訪れたときは、晴れていたこともあって、紅葉が輝いていました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

砂沢ため池、夕陽の湖面

砂沢ため池、夕陽の湖面

web-3901.jpg

web-3902.jpg

web-3903.jpg

web-3904.jpg

web-3905.jpg

 砂沢ため池は弘前市にあるといっても、鶴田町のすぐ隣にあり、車で10分も走れば着くので、気楽に行ける行けるところです。
 この日も、夕焼けが出そうだったので、さっそく出かけてみたら、期待にそぐわず湖面が夕焼雲を映し出して赤く色づいていました。 日中は何も変哲もない光景が、夕陽に照らし出されると、情緒あふれる光景になってしまうのが、本当に不思議ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

岩木川河口

岩木川河口

web-3896.jpg

web-3897.jpg

web-3898.jpg

web-3899.jpg

web-3900.jpg

 岩木川は青森県で一番長い川です。 世界遺産白神山地の西目屋方面から流れ出し、102キロをへて、十三湖から日本海に流れ出します。
 その海に流れ出る場所まで、車で行くことが出来ます。 荒れているときは無理ですが、波がわりと穏やかな時だったので、行ってみました。 意外だったのは、釣り人がたくさんいたことでした。 今の時期、何の魚が釣れるのでしょうかね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

秋日和の十三湖

秋日和の十三湖

web-3891.jpg

web-3892.jpg

web-3893.jpg

web-3894.jpg

web-3895.jpg

 十三湖は五所川原市の飛び地、十三地区の岩木川の出口にある湖です。 シジミ漁で全国的に有名なところですが、十三湖に浮かぶ小島を利用した中の島ブリッジパークがあり、市浦歴史民俗資料館・ケビンハウス・キャンプ場・アスレチック場・レストラン・しじみ拾い場などがあって、夏期間は大変賑わっています。
 平日に訪れたこともあって、観光客はほとんどいませんでしたが、秋日和の十三湖を眺めていたらさっぱりしましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

北金ヶ沢漁港

北金ヶ沢漁港

web-3886.jpg

web-3887.jpg

web-3889.jpg

web-3888.jpg

web-3890.jpg

 北金ヶ沢漁港は深浦町の北金ヶ沢地区にある青森県では中規模の漁港です。 釣り人にとってはアイナメ、アジ、イナダ、ウミタナゴ、カレイ、クロダイ、サバ、サヨリ、シロギス、ソイ、ホッケ、メバルなどたくさんの種類の魚が釣れるので、人気のある漁港です。
 夕方に訪れたので、もう漁は終わっていて、わずかな漁師が網の手入れをしているだけで、本当に静かでした。 静かな漁港を見ていると心が落ち着きますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ