FC2ブログ

2018年06月 の記事一覧

スイレン満開の合浦公園

スイレン満開の合浦公園

web-3711.jpg

web-3712.jpg

web-3713.jpg

web-3714.jpg

web-3715.jpg

 合浦公園は、青森市の市街地にあり、市街地の公園としては全国でも珍しい海浜公園ですが、市立の総合公園なのでいろいろな施設が整っており、いつ行っても楽しめるところです。
 今の時期はスイレンが満開で、池のまわりを散策したら、スイレンのいろいろな光景が見れたので大変楽しかったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

山王坊・日吉神社

山王坊・日吉神社

web-3661.jpg

web-3662.jpg

web-3663.jpg

web-3664.jpg

web-3665.jpg

 五所川原市の飛び地相内地区の山王坊に、滋賀県大津市の日吉神社の末社として建立され、最上部にある笠木のある二重鳥居は全国的にも珍しいといわれている、山王坊日吉神社があります。 この神社のある山王坊は発掘調査を行った結果、中世のものと思われる石溝などが発見され、東北最大規模の宗教遺跡であったといわれています。
 うっそうとした杉林の中に神社があり、誰ひとりいるでもなく、まさしく隠れたパワースポットだと思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

十三湖・しじみ漁

十三湖・しじみ漁

web-3666.jpg

web-3667.jpg

web-3668.jpg

web-3669.jpg

web-3700.jpg

 十三湖は五所川原市の飛び地、日本海側の十三地区、岩木川の河口にある淡水と混合した汽水湖で「十三潟」とも呼ばれ、全国的に有名なヤマトシジミが多く採れる湖として知られています。 宍道湖、小川原湖と並ぶ日本有数のシジミ産地ですが、他の国内産シジミと比べて、アラニンやグルタミンといったアルコール分解酵素を活性化させると言われている成分が非常に多く含まれているのが特徴です。 この成分が分からなかったときは安かったのですが、今は高級ということで結構値段は高いです。
 今の時期はシジミ漁の最盛期だということもあって、たくさんの船が出ていました。 禁漁期間も設けているということなので、これからもよいシジミが採れると思いますよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

龍神沼

龍神沼

web-3701.jpg

web-3702.jpg

web-3703.jpg

web-3704.jpg

web-3705.jpg

 龍神沼は、田代平湿原に入る手前の歩道沿いにあります。 水が透き通っているので湖底まではっきりと見え、湖面に浮かぶ藻とのコラボレーションで、魅力的な光景を映し出しています。 本当に小さな沼ですが、他にはない独特な沼ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

ワタスゲ満開の八甲田湿原

ワタスゲ満開の八甲田湿原

web-3706.jpg

web-3707.jpg

web-3708.jpg

web-3709.jpg

web-3710.jpg

 八甲田山中の青森市田代平にある田代平湿原は、十和田八幡平国立公園の北端に位置し、八甲田において数多くある湿原の中でも、最大の面積を有しています。約200万年前の火山活動で出来たカルデラ湖が変化をして湿原となったそうです。
 秋までいろいろな山野草の花を咲かせますが、この時期はワタスゲが満開でした。 遊歩道が整備されていて、約1時間くらいで一周できます。意外と訪れている人も少なく、ゆっくりと歩け、天気が良かったせいか爽快な気持ちで散策できました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

パワースポット・十和田湖神社

パワースポット・十和田湖神社

web-3720.jpg

web-3719.jpg

web-3718.jpg

web-3717.jpg

web-3716.jpg

 十和田湖の休屋にある十和田神社は恋に踏み切れない人や、人生の選択に悩んでいる人の背中を押してくれるありがたいご利益のある神社として、多くの人の信仰を集めています。 鎌倉時代よりも前から山伏の修行場となっており、江戸時代には恐山と共に二大霊場として栄えていたそうです。 大地の龍の力と湖の霊の力が交わる地点となっているため、十和田神社は東北においては最上級のパワースポット、ご利益の頂ける場となっているそうです。
 休屋から十和田神社の方に歩いていくと、うっそうとした杉林の中に入っていき、その林の中に十和田神社がありました。 さすがパワースポットといわれるだけの雰囲気はありましたね。

 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

十和田湖、休屋

十和田湖、休屋

web-3656.jpg

web-3657.jpg

web-3658.jpg

web-3659.jpg

web-3660.jpg

 青森県を代表する湖はと問えば、県民は十和田湖といいます。 その十和田湖を観光する場所は湖を一周すればたくさんありますが、その中心は休屋と呼ばれるところです。 旅館・ホテル・土産物屋などがたくさんあります。
 湖畔には緑があふれていて、爽快な気持ちで散策しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

ニッコウキスゲ満開のベンゼ湿原

ニッコウキスゲ満開のベンゼ湿原

web-3651.jpg

web-3652.jpg

web-3653.jpg

web-3654.jpg

web-3655.jpg

 青森県でニッコウキスゲが咲くところで有名な所は結構ありますが、その中でも群落で一番だといわれているところが、ここベンゼ湿原です。 ベンゼ湿原はつがる市の日本海沿岸沿いにあり、東京ドーム約5個分もある学術上貴重な海岸低層湿原及び中間層湿原(苔状が幾層も重なってできた湿原)だそうです。
 朝早く行ったにもかかわらず、もうカメラマンたちがいて、いろいろな角度から撮っていましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

キン堤ため池の春景色

キン堤ため池の春景色

web-3646.jpg

web-3647.jpg

web-3648.jpg

web-3649.jpg

web-3650.jpg

 キン堤ため池はつがる市の森田地区にある小さなため池です。 ひっそりとした場所にあるため、ここを訪れる人はほとんどいません。 それだけに、私にとっては心が静まるところです。 この日も誰もいなかったので、ゆっくりとしたひと時を過ごすことができました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

中央アップルモール

中央アップルモール

web-3641.jpg

web-3642.jpg

web-3643.jpg

web-3644.jpg

web-3645.jpg

 中央アップルモールとは、板柳町が日本一のりんごの里づくりを目指した造った自然のミュージアムで、「りんごの路・水の道・歴史と文化の途」をメインテーマにした約2.1kmの散歩道です。 町の歴史や文化、りんごの情報を散策しながら学べるところです。
 散策していると、あちこちにりんごのモニュメントがあり、ところどころにりんごの説明が書いてあるので、飽きないで楽しく散策できました。 地元の人がほとんど歩いていないのがもったいないですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ