2016年10月 の記事一覧

菅沼 紅葉

菅沼 紅葉

web-2671.jpg

web-2672.jpg

web-2673.jpg

web-2680.jpg

web-2674.jpg

 菅沼は南八甲田山ろくの蔦温泉の近くにある沼です。蔦温泉から蔦沼など6つの沼をめぐる散策路の中にあります。訪れたときは幸いにも紅葉の真っ盛りで、風もなく、静かな湖面に紅葉が映り込み、訪れている人も少なく、休憩しながら静かなひと時を過ごしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

ひろさきハイカラ庭園~弘前藤田記念庭園の秋まつり~

ひろさきハイカラ庭園~弘前藤田記念庭園の秋まつり~

web-2656.jpg

web-2657.jpg

web-2658.jpg

web-2660.jpg

web-2659.jpg

 弘前市の弘前公園のそばにある藤田記念庭園で、和装に身を包んだ人たちやクラシックカーなどが同庭園に集まり、大正時代のレトロな雰囲気を味わえる、ちょっと変わったイベントが開かれました。
 藤田記念庭園は大正時代に造られた庭園だけあって、いろいろなものがその雰囲気にあっていて、普段は見られない光景を見れたので大満足しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

恐山菩提寺

恐山菩提寺

web-2528.jpg

web-2529.jpg

web-2530.jpg

web-2531.jpg

web-2532.jpg

 霊場恐山を管理しているのが、恐山菩提寺です。貞観4年(西暦862年)、平安時代の天台宗の高僧、慈覚大師円仁が、一羽の鵜に導かれてこの地にいたり、地蔵尊を祀ったのが始まりと伝えられています。本尊は地蔵菩薩。現在は本坊を曹洞宗円通寺が勤めています。
 境内には、温泉があり、宿泊もできるので、ゆっくりと地獄と極楽の雰囲気を楽しめそうですよ。

 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

宇曽利湖

宇曽利湖

web-2523.jpg

web-2524.jpg

web-2525.jpg

web-2526.jpg

web-2527.jpg

 恐山をつくった宇曽利湖は、宇曽利カルデラ内に生じたカルデラ湖で、周囲は12.5kmにほぼ円形の湖で、湖水は強い酸性を示していて、ウグイなどがわずかに生息しているにすぎません。
 恐山霊場がかもしだす地獄の雰囲気に対し、宇曽利湖湖畔の白い砂浜は極楽をあらわしていて、晴れている日は神秘的なエメラルドグリーンの湖面になるとのことで、この対比がさらに霊場の雰囲気を高めているのではと思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

霊場恐山

霊場恐山

web-2518.jpg

web-2519.jpg

web-2520.jpg

web-2521.jpg

web-2522.jpg

 日本三大霊場といわれているのは、滋賀県の比叡山、和歌山県の高野山、そして恐山です。 その恐山は下北半島のカルデラ湖である宇曽利湖(うそりこ)を中心とした外輪山の総称で、恐山は、地蔵信仰を背景にした死者への供養の場として知られ、下北地方では「人は死ねば(魂は)お山(恐山)さ行ぐ」と言い伝えられているとのことです。
 実際の歩いてみると、風車がカラカラとまわり、荒々しい岩場の間から硫黄が立ちこめ、まさに地獄の雰囲気が漂っていました。
7月には年に一度の恐山大祭が行われ、祖先の霊を供養し、家族の安穏を願って、全国からたくさんの人が集まってくる理由が分かるような気がしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夕焼けの津軽富士見湖

夕焼けの津軽富士見湖

web-1947.jpg

web-1948.jpg

web-1949.jpg

web-1950.jpg

web-1951.jpg

 夕焼け雲が出ることはなかなかありませんが、運がよくその夕焼け雲が出たときに津軽富士見湖に行くと、普段とは違った光景が見られます。夕焼け雲が水面に映りこむと、昼間はなんともない光景が輝き、味のある光景を作り出すので、本当に不思議ですよね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

芦野湖 秋の光景

芦野湖 秋の光景

web-2550.jpg

web-2551.jpg

web-2552.jpg

web-2553.jpg

web-2554.jpg

 芦野湖は五所川原市金木地区にある芦野公園の中にある、ため池です。ため池なので、時期によって水面が変わるのですが、水がなくなってしまうことはありません。それでいつ訪れてもそれなりの景色を楽しむことが出来ます。
 この時期は、ちょうど紅葉が始まるので、その微妙な色合いがなんともいえず良かったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

津軽伝承工芸館

津軽伝承工芸館

web-2488.jpg

web-2489.jpg

web-2490.jpg

web-2491.jpg

web-2492.jpg

 津軽伝承工芸館は、黒石市から十和田湖湖へ行く途中の落合温泉の中ににあります。この施設は津軽の伝統的な文化を全国に発信する広域拠点施設としてつくられ、来館者に見せるだけでなく、津軽の風土と文化に触れたり、直接体験のできる場所があります。
 津軽塗やこけし灯ろうなど津軽伝統工芸の工房をはじめ、約1,800点の商品・土産品など取り扱う売店、ご当地B級グルメの黒石つゆやきそばを味わえるレストラン、源泉かけ流しの足湯などがあるので、いろいろと楽しめる場所ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

黄昏の砂沢ため池

黄昏の砂沢ため池

web-2483.jpg

web-2484.jpg

web-2485.jpg

web-2486.jpg

web-2487.jpg

 砂沢ため池は弘前市の鶴田町側にあるので、時々訪れます。いつ訪れても心が和むところですが、風がなくて夕陽が沈むころ訪れると、さらに心が和みますね。
 水面が赤く染まるようになってくると、雰囲気が一変するので、変わりゆく光景を撮るのに、時間を忘れてしまいますよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

櫛引八幡宮

櫛引八幡宮

web-2580.jpg

web-2581.jpg

web-2582.jpg

web-2583.jpg

web-2584.jpg

 櫛引八幡宮は八戸市の中心街から山手のほうにある神社です。この神社が有名なのは、やく800年前この地方を治めた南部家の初代光行公が草創したといわれ、鎌倉時代から続く南部藩ゆかりの総鎮守だからです。本殿は国指定の重要文化財で、国宝館では所蔵する国宝の赤糸威鎧や白糸威褄取鎧をはじめとした宝物を見れます。
 ほかの神社では見ることが出来ないいろいろなものがあって、本当に面白かったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ