2016年09月 の記事一覧

ハマギク満開の葦毛崎

ハマギク満開の葦毛崎

web-2575.jpg

web-2576.jpg

web-2577.jpg

web-2578.jpg

web-2579.jpg

 葦毛崎は八戸市のうみねこの繁殖地として有名な蕪島から少し行ったところにある岬ですが、見晴らしがよいので、360度見える展望台が造られています。そこから見ると、気持ちがさっぱりします。
 三陸復興国立公園に指定されているここ種差海岸は花の種類が多いことでも有名ですが、今はハマギクの花があちこち咲いていました。この時期に訪れたのは初めてだったので、ハマギクの見事さに満足しましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

下前漁港

下前漁港

web-2453.jpg

web-2454.jpg

web-2455.jpg

web-2457.jpg

web-2456.jpg

 下前漁港は津軽半島の日本海側、中泊町の下前地区にある漁港です。昔は陸上の道路がなくて、船で通ったという山の下にある漁港です。
 イカをとる船が多かったのですが、行ったときが昼間で仕事は終えていたので、全体としては静かでいかにも地方の漁港ののどかな印象を受けました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

十三湖夕日

十三湖夕日

web-2448.jpg

web-2449.jpg

web-2450.jpg

web-2451.jpg

web-2452.jpg

 十三湖は岩木川の出口にある、南北7km、東西5km、周囲31.4kmと青森県で3番目に大きな湖で、十三の 河川が流れ込むので十三湖と言われています。また、海水と淡水が混合した汽水湖で、 ヤマトシジミの生産地としても有名です。
 湖としては、そう変化があるわけでもないのですが、夕方訪れたら、風が弱かったこともあって夕陽の影響で、静かで平和な光景は広がっていました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

弘前公園 外濠・西濠

弘前公園 外濠・西濠

web-2555.jpg

web-2556.jpg

web-2557.jpg

web-2558.jpg

web-2559.jpg

 弘前公園は江戸時代の弘前城の跡地を利用してつくられた公園です。それ故、公園の中にはたくさんの濠がありますが、その中で長い濠は外濠と西濠です。
 今回は、外濠と西濠を一周してみました。3キロ以上あるので、いい散歩でしたが、水辺に沿って歩くので、結構変化があり飽きませんでしたね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夕焼けの鶴寿公園

夕焼けの鶴寿公園

web-2413.jpg

web-2414.jpg

web-2415.jpg

web-2416.jpg

web-2417.jpg

 私の自宅から約1キロのところにある小さな公園が、鶴寿公園です。小さな公園なのでそう変化に富んでいないのですが、夕焼けが出ているときに行けば、結構面白い写真が撮れます。
 この日は、夕焼けが出そうなので早速行ったら、最近には珍しい雲が出ていました。昼間は本当に変哲のないところですが、夕焼けで見るとガラッと変身してしまいます。夕焼けはどんなところも幻想的にしてしまうので好きですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

のどかな津軽富士見湖

のどかな津軽富士見湖

web-2402.jpg

web-2403.jpg

web-2404.jpg

web-2405.jpg

web-2406.jpg

 夏の津軽富士見湖は他の季節と違ってあまり変化がありません。でも、風が弱く、夏雲が出ているときに行くと、鳥たちがのんびりと休んでいる様子も見れて、気持ちが安らぎます。のどかなひと時を過ごすと、平和な生活のありがたさをつくづく感じますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

巌鬼山神社

巌鬼山神社

web-439.jpg

web-440.jpg

web-441.jpg

web-442.jpg

web-443.jpg

 巌鬼山神社は青森県のたくさんある神社の中で、大変特徴ある神社です。それは、岩木山山頂にある奥宮に対する下宮としてあったのが、寛治5年に当地から百沢に遷座して造られたのが今の岩木山神社なので、津軽国一宮・岩木山神社の元社という地位にあるからです。796年の創立として伝えられ、坂上田村麻呂により807年に再建され、現在の神社は江戸時代中期の建築だとされています。
 岩木山の北10キロほどにある、弘前市十腰内地区にある巌鬼山神社に到着すると、山の中の杉林にあり、薄暗くて本当に厳かさを感じました。こんな場所に神社を立てた昔の人たちには、感心するばかりです。

 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夕陽の鰺ヶ沢漁港

夕陽の鰺ヶ沢漁港

web-2438.jpg

web-2439.jpg

web-2440.jpg

web-2441.jpg

web-2442.jpg

 日本海側にある鰺ヶ沢漁港は、規模でいうと小さくも大きくもなく、ごく普通の漁港だと思います。夕方訪れたら、丁度夕陽がさしていて、漁港のいろいろなものが強烈に輝いていました。魚の水揚げ時は生き生きとして働いている漁師さんたちの姿を見ると感動します。
 今回は夕方だったので、そういう姿は見れませんでしたが、漁港は独特な雰囲気をもっているので、訪れるのは大好きですよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

日暮れの津軽富士見湖

日暮れの津軽富士見湖

web-2545.jpg

web-2546.jpg

web-2547.jpg

web-2548.jpg

web-2549.jpg

 日暮れころ、津軽富士見湖に行ってきました。その頃は、いつもならほとんど人はいないのですが、土曜日ということもあってかたくさんの人々がいました。団体客で来ているらしい中年の女性に聞くと、東京から来たとのこと。JR東日本の大人の休日クラブの宣伝に、吉永小百合が来て鶴の舞橋をバックにしたポスターが全国的に宣伝されている効果が出ているのかと感心しました。
 実際、日の出や日の入りのときの鶴の舞橋は、癒されます。近くに住んでいることに感謝ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

つがる市馬市まつり

つがる市馬市まつり

web-2538.jpg

web-2539.jpg

web-2541.jpg

web-2542.jpg

web-2543.jpg

 つがる市馬市まつりは、明治時代東北三大馬市に数えられるほど有名であった、木造地区の馬のせり市を記念して、昭和50年から始まったまつりです。三日間にわたりいろいろな催し物がありますが、その最大のイベントは最終日に行われる馬ねぶたパレードです。
 思い思いの馬ねぶた24台が、思い思いの衣装で踊りながら引っ張られていく姿は、本当に変化があって、面白かったです。
 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ