2016年06月 の記事一覧

東岳

東岳

web-2292.jpg

web-2293.jpg

web-2294.jpg

web-2295.jpg

web-2296.jpg

 東岳は青森市の東部にある標高652mの山です。登りは結構きついのですが、約1時間くらいで登れ、頂上からは青森市街地は勿論のこと陸奥湾や八甲田山、岩木山や津軽・下北の両半島 、そして北海道の眺望も得られるということで、市民に人気の山です。
 登った日はあいにくもやっとしていて、遠くのほうは見えなかったのですが、爽やかな汗をかき、頂上からの見晴らしもそれなりに見えたので、さっぱりしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

美山湖

美山湖

web-2367.jpg

web-2368.jpg

web-2369.jpg

web-2370.jpg

web-2371.jpg

 美山湖は岩木川の上流の津軽ダムによって造られた人造湖です。今までの目屋ダムの前にさらに大きな津軽ダムが造られたので、ひとまわり大きくなりました。ダムの高さが約40メートルも上がったので、いままでの目屋ダムも人家も樹木も水没してしまいました。その水没した木々がいろいろな形で見られたので、面白かったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

真言宗赤倉山金剛寺奥の院 火性三昧

真言宗赤倉山金剛寺奥の院 火性三昧

web-2362.jpg

web-2363.jpg

web-2364.jpg

web-2365.jpg

web-2366.jpg

 岩木山の山麓に、平川市の真言宗赤倉山金剛寺の奥の院があります。毎年6月の第3日曜日に火性三昧が行われています。
これは、清らかな火を焚き、一心に拝み、世の中の平和と自身の無病息災を祈願して行われています。津軽地方だけの特色として、修験者が松明や熱釜の行を行い、自身が不動明王となって修し祈願することを行っています。400年以上の歴史があるとのことですが、いまは津軽地方で6ヵ寺しか行っていないそうです。
 赤倉山の火性三昧には初めて行ってみたのですが、思った以上に老若男女いろいろな人が参加していました。まじかに見る修験者たちの荒行は本当に迫力がありましたよ。
 

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

種差天然芝生地

種差天然芝生地

web-2287.jpg

web-2288.jpg

web-2289.jpg

web-2290.jpg

web-2291.jpg

 種差天然芝生地は種差海岸のほぼ中央のところにあり、名前の通り天然の芝生が広々と敷き詰められていいます。そこから海岸に降りていくと、荒々しい岩があって、変化に富んでいるところです。
 広い芝生を眺めているだけで、開放的な気持ちになり、さらにいろいろな人々がゆっくりと楽しんでいる姿をみると、平和な一時はいいなあとつくづく思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

葦毛崎展望台

葦毛崎展望台

web-2282.jpg

web-2283.jpg

web-2284.jpg

web-2285.jpg

web-2286.jpg

 葦毛崎展望台は、八戸市の太平洋側、平成25年に三陸復興国立公園に指定された種差海岸の遊歩道の起終点にあたるところにあり、180度以上の太平洋を見渡せ、眺望の素晴らしさで有名なところです。
 種差海岸は四季折々の高山系植物をはじめとする約400種の花々が咲き乱れるのでも有名ですが、この時期はニッコウキスゲが目立っていました。眼下に種差海岸をみると、気持ちがさっぱりとしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

蕪島のウミネコ

蕪島のウミネコ

web-2277.jpg

web-2278.jpg

web-2279.jpg

web-2280.jpg

web-2281.jpg

 蕪島は八戸市の鮫町にあります。ウミネコの繁殖地は全国で約10か所あるみたいですが、その中で唯一間近にウミネコを観察できるということで、国の天然記念物に指定されています。
 約4万羽くらい集まるそうですが、ウミネコ一色の蕪島を見ると、迫力満点で感動してしまいました。ちょうど繁殖のとき訪れたので、可愛いヒナと親鳥のやり取りを見ているだけで、心が和みました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅

北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅

web-2342.jpg

web-2343.jpg

web-2344.jpg

web-2345.jpg

web-2346.jpg

 今年の3月26日に待望の北海道新幹線が開通し、青森県側の駅は新青森駅と奥津軽いまべつ駅になりました。新しくつくられた奥津軽いまべつ駅は話題も多く、実際に開業してからは奥津軽いまべつ駅を見るために、たくさんの人々が詰めかけ、一本しかない道路は渋滞で大変だったようです。今は一段落したので、様子を見るに出かけてみました。
 車で走っていると、突然ひときわ目立つ奥津軽いまべつ駅と隣接している道の駅いまべつ半島ぷらざ「アスクル」が現れました。本当に山の中で、駅の付近にはあまり人家がありません。駅の名前「奥津軽いまべつ駅」にふさわしいところでしたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

津軽富士見湖、光を求めて

津軽富士見湖、光を求めて

web-2272.jpg

web-2273.jpg

web-2274.jpg

web-2275.jpg

web-2276.jpg

 久しぶりに津軽富士見湖に行ってみました。9時ころ届いたら、風が弱く波も弱かったので、湖全体光が輝いていました。こういう光景にはあまり出会わないので、津軽富士見湖の違った魅力を感じました。それにしても、津軽富士見湖はいつ行っても楽しめるところですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

藤田記念庭園

藤田記念庭園

web-2257.jpg

web-2258.jpg

web-2259.jpg

web-2260.jpg

web-2261.jpg

 藤田記念庭園は弘前城の近くにあり、園内 にある洋館、和館、倉庫等が2003年(平成15年)に国の登録有形文化財となっている日本庭園です。この庭園は弘前市出身の藤田謙一氏が大正八年に別邸を 構える際、東京から庭師を招いてつくらせた江戸風な景趣の庭園です。
 東北地方において も有数の大規模な庭園の一つだといわれるだけあって、広い日本庭園を歩いていると、心が落ち着きますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

十二湖の新緑

十二湖の新緑

web-2252.jpg

web-2253.jpg

web-2254.jpg

web-2255.jpg

web-2256.jpg

 世界遺産白神山地の日本海側、深浦町の岩崎地区にある十二湖は、ブナ林だけあって、新緑・紅葉の時は大変きれいなところです。十二湖という名前が示す通り、ここには有名な青池をはじめとする33の湖沼があるので、いろいろな景色が楽しめます。
 新緑の中、マイナスイオンを十分に吸いながら、散策したので本当にさっぱりしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ