2015年10月 の記事一覧

晩秋の青荷温泉

晩秋の青荷温泉

web-1867.jpg

web-1868.jpg

web-1869.jpg

web-1870.jpg

web-1871.jpg

 青荷温泉は、全国的にもランプの宿として知られる有名な温泉です。黒石市から十和田湖へ行く国道102号線の虹の湖に流れ出る青荷渓流の上流にあります。本当に山の中の一軒宿で、昭和4年に営業を開始しました。
 青荷温泉に通じる電線はなく、必要最小限の自家発電を行っているとのことです。だから、夜は昔からランプ生活になります。それゆえ、ひなびた風情のある秘湯として、人気があるのだとおもいます。
 訪れた時は、秋も終わりころだったので、紅葉はほとんど終わっていました。でも、その光景がかえって、秘湯ランプの宿の情緒を醸し出しているように思えました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

八甲田 グダリ沼 紅葉

八甲田 グダリ沼 紅葉

web-1872.jpg

web-1873.jpg

web-1874.jpg

web-1875.jpg

web-1876.jpg

 グダリ沼は、八甲田山中の田代平にある湧水池です。八甲田の雪解け水が伏流水となって湧き出ているのですが、その水の量が多いので、すぐ幅約20mの清流になっています。この清流の中には、5種類のプラナリアが住んでいて、バイカモやスギナモの水草があることでも有名です。
 とにかく水がきれいなので、いつ行ってもさっぱりします。訪れた時は紅葉も終わりに近かったようで、見事な紅葉とまではいきませんでしたが、それでも天気が良かったせいか、気持ちはそれこそさっぱりしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

御鼻部山 紅葉

御鼻部山 紅葉

web-1922.jpg

web-1923.jpg

web-1924.jpg

web-1926.jpg

web-1925.jpg

 御鼻部山は、十和田湖の岸にある山で、一番高く標高1011mあります。でも、この頂上まで道路が通っているので、簡単に行くことができます。御鼻部山展望台が設けられているので、十和田湖が一望できます。また、空気が澄み言っているときには、岩木山や遠く岩手山も見ることができます。
 訪れた時は、晴れてはいたのですが、靄がかかっていて、すっきり爽やかな十和田湖は一望できませんでした。でも、奥入瀬渓流や十和田湖は人々でごった返していますが、ここはおとずれる人もそういないので、ゆっくりと紅葉を楽しむことが出来ました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

子ノ口 紅葉

子ノ口 紅葉

web-1917.jpg

web-1918.jpg

web-1919.jpg

web-1920.jpg

web-1921.jpg

 子ノ口は奥入瀬渓流を上がって行って、十和田湖に出たところにあります。十和田湖の一番の拠点でもある休屋とともに遊覧船の発着場にもなっています。紅葉の最盛期ということで、車が止める場所がないほど賑わっていました。
 奥入瀬渓流は私が訪れた17日現在はまだ7割程度の紅葉だったので、これからが素晴らしい紅葉になると思います。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

旧羽州街道

旧羽州街道

web-1306.jpg

web-1307.jpg

web-1308.jpg

web-1309.jpg

web-1310.jpg

 江戸時代、江戸から青森まで来る道で、青森県の現在の国道4号線のところを奥州街道、国道7号線のところを羽州街道と言われていました。昔の街道のほとんどは国道になってしまい、昔のおもむきを残している所は限られています。その羽州街道で、そのままの形で残っているところが、青森県と秋田県の県境、矢立峠にあります。ここは、「菅江真澄」「伊能忠敬」「イサベラバード」「明治天皇」も通った道として有名です。
 実際歩いてみると、道幅は本当に狭く、急な坂も結構あります。どのようにして江戸の殿様はたくさんの連れ人、荷物、馬などをつれていったのか、本当に感心してしまいました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

紅葉の城ヶ倉温泉

紅葉の城ヶ倉温泉

web-1862.jpg

web-1863.jpg

web-1864.jpg

web-1865.jpg

web-1866.jpg

 八甲田山には、覚えているだけで8つの一軒宿の温泉があります。そのほとんどは、昔からの古い建物で情緒があります。それに対し、近代的なホテルは「八甲田ホテル」と、ここ城ヶ倉温泉である「ホテル城ヶ倉」しかありません。近くには有名な城ヶ倉大橋や酸ヶ湯温泉があるので、新緑や紅葉時には城ヶ倉温泉前の道路は大変混雑しています。
 城ヶ倉温泉にはその道路から少し入っていくので、残念ながら城ヶ倉温泉の紅葉を見る人は少ないようです。訪れた時は日中だったので、紅葉の真っ最中なのに人はいなく、この素晴らしい景色を見れないなんてもったいないなあと思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

菊ヶ岡公園 初秋の光景

菊ヶ岡公園 初秋の光景

web-1912.jpg

web-1913.jpg

web-1914.jpg

web-1915.jpg

web-1916.jpg

 菊ヶ岡公園は高校の跡地を利用した五所川原市の公園です。夕方訪れてみると、初秋で寒くなってきたせいか、人はほとんどいません。いるのは、ゆっくりと歩いている人や、犬の散歩の人、ゴルフの練習をしている人だけでした。
 夕日の下、静かな公園を歩いていると、気持ちがさっぱりとしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

岩木川河口 黄昏

岩木川河口 黄昏

web-1892.jpg

web-1893.jpg

web-1894.jpg

web-1895.jpg

web-1896.jpg

 岩木川は青森県では一番長い川です。その下流は十三湖に流れ、そこから日本海に流れ出ていきます。黄昏時に訪れてみると、たくさんの釣り人がいました。スズキなど大型の魚が釣れるので、釣り人にとっては人気のスポットだそうです。
 太陽が沈んでいく様子を見て、今日も一日無事に過ごせたなと幸せを感じました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

義経海浜公園

義経海浜公園

web-1837.jpg

web-1838.jpg

web-1839.jpg

web-1840.jpg

web-1841.jpg

 義経海浜公園は、北海道へ源義経が逃げて行ったという義経伝説でつくられた、外ヶ浜町の三厩地区にある義経寺の近くにある、海水浴場のある公園です。海水浴以外にも、海をバックにした野外ステージ、芝広場の多目的イベントゾーン、ピクニックゾーン、義経伝説をイメージした散策路などがあって、色々楽しめるところです。
 訪れた時は、夏の海水浴が終わった時なので、人はほとんどいなく、静かに公園を散策しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

山王坊日吉神社

山王坊日吉神社

web-1857.jpg

web-1858.jpg

web-1859.jpg

web-1860.jpg

web-1861.jpg

 山王坊日吉神社は、五所川原市の飛び地相内地区にある、特色のある神社です。鳥居を見てわかるとおり、このような形は青森県ではここしかありません。杉林の中にあるこの神社は、歴史が古く、鎌倉時代に活躍した地元豪族安東氏の山王坊遺跡の中に建っています。
 訪れた時は誰もいなく、ひっそりとした杉の中を歩いていくと、本当におごそかな気持ちになりました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ