2015年08月 の記事一覧

大岩海岸

大岩海岸

web-1782.jpg

web-1783.jpg

web-1786.jpg

web-1784.jpg

web-1785.jpg

 大岩海岸は、日本海側深浦町の入り口にあります。海岸線としては小さいので、今まではそこを通るたびに見逃していました。
あらためて寄ってみると、大岩という名前の通り、ゴツゴツとした岩肌に圧倒されました。岩のど真ん中に穴が空いており、そこから岩の頂上に登ることができます。
 そこから見える景色は、晴れていることもあって、360度見渡せるので、気持ちは爽快でした。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

驫木漁港

驫木漁港

web-1777.jpg

web-1778.jpg

web-1779.jpg

web-1780.jpg

web-1781.jpg

 青森県の日本海側、国道101号線を秋田県に向かって進んでいくと、海辺にその部落部落の小さな漁港があります。驫木漁港は、深浦町の驫木地区にある漁港です。
 少し大きな漁船が一隻いただけで、あとは小舟ばかり。漁民も一人と、本当に寂しい光景でした。でも、こういうのが日本の原風景かもしれませんね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

宵の「鶴の舞橋」

宵の「鶴の舞橋」

web-205.jpg

web-206.jpg

web-209.jpg

web-207.jpg

web-208.jpg

 津軽富士見湖の鶴の舞橋は、いつ行っても絵になる所です。朝早くや夕方に行くと何人かのカメラマンがいます。でも、宵の時間まで頑張っているカメラマンはあまりいません。撮るのに好条件の日はそうあるわけでありません。地元に住んでいる有利なところは、天気を見てすぐ行けるところです。
 条件に恵まれたので、昼間見る鶴の舞橋とはまた違った、趣のある鶴の舞橋を見ることが出来ました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夕陽の岩木山

夕陽の岩木山

web-863.jpg

web-181.jpg

web-892.jpg

web-449.jpg

web-172.jpg

 梅雨が明けると、津軽地方も晴れる日が多くなってきます。ということは、夕陽を見れる機会が多くなってきます。普段は何気ない景色でも、夕陽の中で見ると、感動的な情景が見られます。
 岩木山は、津軽地方の人々にとって、神様の山です。夕陽の中で見ると、夕陽がつくる雲とのコラボレーションで、さらに岩木山が神様のように見えてくるのが不思議ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

権現崎 岩肌

権現崎 岩肌

web-1772.jpg

web-1773.jpg

web-1774.jpg

web-1775.jpg

web-1776.jpg

 権現崎は津軽半島の先端、中泊町小泊地区にある、断崖絶壁の岬です。日本海から獅子が横たわっている様に突き出た巨大な岩山で、長崎の岬とともに、日本の「二大名岬」と言われるぐらいの景勝地です。
 そこへ行く遊歩道は、残念ながら自然の猛威に壊されて、安心して行ける状態ではありません。波が静かな時に注意を払って行くと、岩山の迫力ある姿に圧倒されました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

脇元海岸ふれあいシーサイド

脇元海岸ふれあいシーサイド

web-1817.jpg

web-1818.jpg

web-1819.jpg

web-1820.jpg

web-1821.jpg

 夏休み期間中、各地の海水浴場は賑わっています。津軽地方にも海水浴場はたくさんありますが、その中で磯遊びができる海洋レクリエーションスペースとして、「脇元海岸ふれあいシーサイド」があります。五所川原市の飛び地である脇元地区にあります。
 宿泊施設は海岸に青森特産のひばで作られたバンガローがあり、釣りや海水浴、そして見事な夕陽を楽しむことができます。訪れた時は、平日にも関わらすバンガローは満杯で、きれいな海で、みなさんそれぞれ楽しんでいました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

藤崎夏まつり「ながしこ」

藤崎夏まつり 「ながしこ」

web-1812.jpg

web-1813.jpg

web-1814.jpg

web-1815.jpg

web-1816.jpg

 藤崎町は弘前市の中心から車で10分くらいのところにある小さな町です。リンゴの品種「ふじ」の発祥の地として知られています。この町に面白い祭りがあると聞いて行ってきました。
 通常、祭りの山車といえば人形や張り子などが乗っていますが、藤崎町伝統の七夕行事である「ながしこ」は人間がポーズを作って台車に乗る「生き人形」です。
 山車は意外と質素で、大きなリヤカーに乗っているという感じで、町の人たちが身近に楽しんでいるように思えました。44回目を迎えているということですが、町の人口減で昔ほどの賑わいが無くなってきているということをきいて、少し寂しい気がしました。他の町から見に来る人たちがほとんどいないような、ある意味で素朴な祭りを大事にしていきたいと思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

五所川原立佞武多

五所川原立佞武多

web-1807.jpg

web-1808.jpg

web-1809.jpg

web-1810.jpg

web-1811.jpg

 8月4日から5日間行われた五所川原の立佞武多は昨日終わりました。全国的に五所川原立佞武多の名前が知れ渡ってきたので、天気にも恵まれたこともあって、連日ものすごい人々が見ていました。今朝の東奥日報新聞には祭り期間中の人出は昨年より2万人多い約106万人だったと書かれていました。
 田舎のねぶたは素朴で温かみのあるねぶたが多いのですが、五所川原、弘前、青森のねぶたは迫力がありすぎて、そのエネルギーに圧倒されます。
 雪国だからこそ、温存されてきたエネルギーを夏思いっきり発散させれるねぶたは、つがるの一番の風物詩です。、

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

尾上ねぷた

尾上ねぷた

web-1802.jpg

web-1803.jpg

web-1804.jpg

web-1805.jpg

web-1806.jpg

 今、津軽地方はねぷたの真っ最中です。三大ねぷたである青森や弘前、五所川原のねぶたは迫力があって見事ですが、地方の田舎で行われているねぷたはそれぞれ特色があって面白いです。
 昨日、尾上ねぷたを見てきました。尾上は平川市の尾上地区で行われているねぷたです。子供たちが大事にされ、作られているねぷたも、まちまちで、本当に面白かったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

木蓮寺海岸

木蓮寺海岸

web-1767.jpg

web-1768.jpg

web-1769.jpg

web-1770.jpg

web-1771.jpg

 木蓮寺海岸は、日本海側の青森県と秋田県の県境にあります。太古の大地を思わせるようなゴツゴツとした岩の海岸線が続いています。晴天の時に訪れたら、空と海の青さがひときわ冴えていました。本当に気持ちがさっぱりしてよかったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ