2014年10月 の記事一覧

十二湖 紅葉

十二湖 紅葉

web-1296.jpg

web-1297.jpg

web-1298.jpg

web-1299.jpg

web-1300.jpg

 十二湖は世界遺産白神山地の北麓、深浦町の岩崎地区にあります。湖沼は実際には33あるのですが、大崩山から見ると12の湖沼が見えるので、十二湖といわれています。
 広大なブナの森に有名な青池をはじめ、色々な湖沼が点在しているので、散策するにはもってこいのところです。新緑から紅葉まで楽しめますが、紅葉の時に行くと、色とりどりの景色が見れるので楽しいですよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

大湯の滝

大湯の滝

web-1286.jpg

web-1287.jpg

web-1288.jpg

web-1289.jpg

web-1290.jpg

 秋田県鹿角市から十和田湖に行く国道103号線を上がっていき、大湯温泉を過ぎると、小さな滝が大湯川に沿ってたくさんあります。大きな滝でないので迫力はありませんが、色々な形の滝があるので、散策してあきません。
 特に、紅葉の時に訪れると落ち葉とのコラボレーションがみられ、趣のあるひとときを過ごせます。あまり有名でないので、人もほとんどいなく、ゆっくりとした時間を楽しめました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

田代平湿原

田代平湿原

web-1276.jpg

web-1277.jpg

web-1278.jpg

web-1279.jpg

web-1280.jpg

 田代平湿原は八甲田山のなかで、最大の面積を誇る高層湿原です。八甲田温泉から入っていけ、6月から8月にかけ20種以上の山野草が見れるので人気があります。
 さすがに、紅葉の時に行くと咲いている花はありませんでしたが、湿原内の遊歩道を1時間程度で一周すると、人もほとんどいないこともあって、さわやかな汗をかきましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

岩木スカイライン 紅葉

岩木スカイライン 紅葉


web-1281.jpg

web-1282.jpg

web-1283.jpg

web-1284.jpg

web-1285.jpg

 岩木スカイラインは岩木山の8合目まで上がる有料自動車道です。上がるにつれて津軽半島や白神山地さらに下北半島や北海道まで見ることができます。8合目からリフトで約10分で9合目へ、それから約30~40分登ると岩木山の頂上へ行くことができます。
 ブナの原生林に囲まれたところを登っていくので、紅葉の時は本当に見事で、気持ちがよかったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

蓬莱沼

蓬莱沼

web-567.jpg

web-568.jpg

web-569.jpg

web-570.jpg

web-571.jpg

 蓬莱沼は八幡平の一番高いところにある温泉、藤七温泉から樹海ラインを少し下がったところにあります。駐車場から蓬莱境のアオモリトドマツの森を約20分位進んでいくと、藍色の小さい沼が見えてきました。
 紅葉の時期にもかかわらず、ここまで来る人は少ないみたいで誰にも会いませんでした。本当に静かで、岸に岩岩があり、日本庭園みたいな感じを受けました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

松川渓谷

松川渓谷

web-547.jpg

web-548.jpg

web-549.jpg

web-550.jpg

web-551.jpg

 松川渓谷は十和田八幡平国立公園の八幡平温泉郷から松川温泉にかけての渓谷です。この渓谷沿いには、ブナ、ナラ、カエデ、モミジなどの落葉樹が多いので、新緑から紅葉まで美しい自然が楽しめるところです。
 渓谷は変化に富んでいて、いろいろな形の紅葉が見られ、大変楽しかったですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

谷地温泉

谷地温泉

web-1271.jpg

web-1272.jpg

web-1273.jpg

web-1274.jpg

web-1275.jpg

 八甲田山には一軒宿の温泉が結構あります。酸ヶ湯温泉や蔦温泉は全国的に有名ですが、谷地温泉は隠れた名泉かもしれません。開湯400年といわれ、古くからある温泉湯治場であり、八甲田高田大岳への登山口も兼ねています。
 近くには入ることができませんが、高山植物が自生する谷地湿原もあり、宿泊しても安い料金なので、八甲田山をゆっくりと楽しむにはちょうどよい所だと思います。紅葉の頃は本当に気分が良いですよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

田茂萢湿原

田茂萢湿原

web-1266.jpg

web-1267.jpg

web-1268.jpg

web-1269.jpg

web-1270.jpg

 田茂萢湿原は八甲田山連峰の一つ、田茂萢岳の山頂近くにあります。八甲田ロープウエイ山頂公園駅から遊歩道を十数分歩けば着くので、気軽に行ける湿原ということで人気があるところです。
 10月は草紅葉が見事だということを聞いて行きましたが、行ってみると本当に見事な草紅葉でした。さすがに山野草は見れませんでしたが、晴れた下で遊歩道を歩くと、本当に爽快でしたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

りんごのカッチョ

りんごのカッチョ

web-1236.jpg

web-1237.jpg

web-1238.jpg

web-1239.jpg

web-1240.jpg

 カッチョとは津軽弁で風を防ぐため、木などで作られた壁のことをいいます。家を守るためのカッチョもあれば、りんごを守るためのカッチョもあります。りんごは強い風で落下してしまうので、西風の強い所では、カッチョを作っています。
 最近のりんご園ではお金をかけてきちんとした網の防風網をつくっていますが、昔からの農家はその辺にあるトタン板などを使ってカッチョを作っています。トタン板だけに、いろいろな錆が入っていて、独特な景観をつくり、大変面白いです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

りんごの小屋

りんごの小屋

web-1231.jpg

web-1232.jpg

web-1233.jpg

web-1234.jpg

web-1235.jpg

 青森県はりんごの生産量が日本一です。そのりんごの収獲の時が来ました。
 りんご一個を作るために、本当に手間ひまがかかっています。まず、雪がとけるまでに、りんごに光を当て丈夫な枝をつくるために枝切りを行います。次に、4月に肥料をまいて、開花したら受粉、そして、花摘み、実すぐり、定期的な農薬散布、草取りと続き、6月になると袋掛け、徒長枝整理が始まり、りんごが大きくなってくると枝を折れなくするための支柱入れ、袋はぎ、収獲が近くなってくると、着色のための反射シート敷き、葉採り、実まわしと、本当に休むひまがないほど、次ぎから次へと仕事があります。
 そのため、ほとんどの農家がりんご畑にりんごの作業小屋を建てています。その作業小屋は色々で、よくよくみるとそれぞれ特色があって面白いものですよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ