2014年03月 の記事一覧

氷の輝き

氷の輝き

web-804.jpg

web-803.jpg

web-800.jpg

web-801.jpg

web-802.jpg

 春近くになるにつれて、雪がとけだして水面が顔を出し始めます。そして、気温が冷え込んで下がりだすと、その水面に氷が張ります。そこに、お日様が当たりだすと、微妙な光の反映で色々な芸術作品を造りだします。お日様だけあって、人に訴えるものは強烈ですね。


ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

岩木川「つがるりんご大橋」 冬景色

岩木川「つがるりんご大橋」冬景色

web-791.jpg

web-794.jpg

web-792.jpg

web-793.jpg

web-790.jpg

 青森県の一番長い岩木川の中流地域、板柳町に「つがるりんご大橋」があります。岩木川の中流域の河川敷はりんご栽培に利用されていて、この「つがるりんご大橋」付近もその様子がよくわかるところです。今はきれいに映っていますが、昨年秋の集中豪雨の時は堤防ぎりぎりのところまで水が増し、河川敷のりんごが水につかって、ほとんど売り物にならなくなってしまいました。河川敷を利用しているりんご農家は、たまにこのようなリスクを背負わなければならないので大変です。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

津軽富士見湖 夜明け

津軽富士見湖 夜明け

web-935.jpg

web-936.jpg

web-937.jpg

web-938.jpg

web-939.jpg

 昨日の朝はこの冬初めての朝からの快晴でした。早速、津軽富士見湖に出かけました。今年は3月が例年よりも寒かったので、今がちょうど湖面の雪解けです。朝日が昇ってきたら、湖面に光が反映して、微妙な光彩を描き出しました。ひと時でしたが、独り占めで美しさを堪能したので満足しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

春待ちの酸ヶ湯温泉

春待ちの酸ヶ湯温泉

web-920.jpg

web-921.jpg

web-922.jpg

web-923.jpg

web-924.jpg

 酸ヶ湯温泉は八甲田山系の900m位のところにある約300年の歴史のある一軒宿の温泉です。この温泉は2013年2月に気象庁が観測しているアメダス全観測地点で、史上最高の566センチの積雪を記録し、全国的に有名になりました。また、混浴の「千人風呂」があることでも有名です。
 平地では雪解けがどんどん進み、ようやく春の気配を感じるようになってきました。酸ヶ湯温泉でも春の気配の兆しがあるのかなと期待していったのですが、やはりその気配は感じられませんでしたね。思ったほど雪は多くはなかったですが、霧氷が見られて感激しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

冬の岩木山

冬の岩木山

web-683.jpg

web-684.jpg

web-685.jpg

web-686.jpg

web-687.jpg

 岩木山は津軽地方の人たちにとって信仰の山です。したがって、人々の会話の中に岩木山がでてくることはめずらしくありません。特に、さっぱりとした岩木山の姿を見ることは、心をなごませてくれます。冬は曇りや雪の日が多くて、まわりの山々が見られないので、晴れた時に、さわやかな岩木山を見ると、心の底から本当にさっぱりしますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

残光の砂沢ため池

残光の砂沢ため池

web-856.jpg

web-857.jpg

web-858.jpg

web-859.jpg

web-860.jpg

 弘前市の鶴田町側にある砂沢ため池も、冬は水面が凍って雪が積もり、白一色の世界です。冬はめったに夕陽が出ませんが、その貴重な夕陽の時に訪れると、夕陽の微妙な赤さが白色を染め、静寂な空間と相まって、気持ちを本当になごませてくれました。


ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

「シガマ」の顔

「シガマ」の顔

web-698.jpg

web-699.jpg

web-700.jpg

web-701.jpg

web-702.jpg

 「シガマ」とは津軽弁でつららのことをいいます。冬が厳しくなってくると、屋根などの軒先からつららが大きく成長してきます。それらのつららをよくよく見てみると、いろいろな表情があることがわかります。特に、光線の具合によってその顔がさらに輝きます。こういう楽しみができるのも、雪国の特権だと思います。しかし、最近は無落雪住宅と言って、つららができない家が増えてきています。近代化で昔の風景がなくなっていくのは残念な気がしますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

津軽富士見湖 冬模様

津軽富士見湖 冬模様

web-851.jpg

web-852.jpg

web-853.jpg

web-854.jpg

web-855.jpg

 津軽富士見湖の冬は、水面が凍って雪が積もるので白一色です。雪や曇りの日が多いので、そう変化はありません。しかし、たまに太陽が顔を出すと、白の世界に絵が描かれます。この絵は冬にしか見れない世界だけに、この世界に出会うとうれしさが倍加しますね。


ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

冬空

冬空

web-812.jpg

web-814.jpg

web-811.jpg

web-813.jpg

web-810.jpg

 冬の空は曇りの日が多いので、どんよりとした雲がただよっています。だから、たまに晴天の日になると気持ちがさっぱりします。しかし、考えてみれば太平洋側に住んでいる人はほとんど雲を見れない日が多いわけですよね。しかも、冬でなければ現れない強烈な雲を見れるのは、雪国に住んでいる者の特権なのかもしれません。ものは考えようですね。


ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

浅瀬石川 冬景

浅瀬石川 冬景

web-775.jpg


web-776.jpg

web-777.jpg

web-778.jpg


web-779.jpg

 浅瀬石川は十和田湖のふもとから、黒石市に流れ出る川です。国道102号線に沿って流れているので、冬でも行きやすい川です。訪れた時は、新雪が降った後だったので、雪の白さと川の流れのコラボレーションが特に目立ったような気がしました。冬は行き止まりの国道なので、人は全くと言っていいほどいなく、独り占めで大自然の美しさを堪能してきました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

飯詰川 吹雪模様

飯詰川 吹雪模様

web-770.jpg

web-771.jpg

web-772.jpg

web-773.jpg

web-774.jpg

 飯詰川は五所川原市の飯詰地区を流れる小さな川です。普段は何の変化もないごく普通の風景ですが、吹雪の時に訪れると、それなりに変化のある風景になるから不思議です。やはり、雪は魔術師ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ