2013年07月 の記事一覧

田んぼアートは最盛期

田んぼアートは最盛期

web-350.jpg

web-351.jpg

web-352.jpg

web-353.jpg

web-354.jpg

 今や日本を代表する田んぼアートとなった田舎館村の田んぼアートに行ってきました。お城を形どった村役場の東側にある1.5haの水田を利用して、平成5年から始めた田んぼアートは、昨年約22万人も訪れる青森県を代表する観光名所になりました。
 7色9種類の稲を使用し、遠近法をきちんと測定し、村役場の7回の展望台から見ると、きちんとした絵に見えるその技術にただただ感心するばかりです。5・6年前は行くとすぐ見れたのに、今回は平日にもかかわらず約45分も待ちました。しかし、それだけの価値はありましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

五色沼

五色沼

web-252.jpg

web-253.jpg

web-254.jpg

web-255.jpg

web-256.jpg

 月山登山に行ったとき、月山スキー場のふもとの志津温泉に泊まりました。宿に着くと、宿の近くに五色沼があると案内図に書かれていました。早速どのような5つの色が見えるのかと期待し、散歩に出かけました。しかし、残念ながら5つの色は見られず、ごく普通の沼でした。5色は春先に多くみられるようです。ともあれ、五色沼のネーミングには魅かれますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

羽黒山 国宝五重塔 点描

羽黒山 国宝五重塔 点描

web-247.jpg

web-248.jpg

web-249.jpg

web-250.jpg

web-251.jpg

 湯殿山神社の次は羽黒山神社に行きました。羽黒山神社は国宝五重塔があるせいか、観光客が一番多かったです。ぞろぞろと五重塔へ向かって観光客が歩くので、写真を撮るのには苦労しました。
 五重塔は29mもあるそうで、釘は一本も使用していないとのことです。三間五層の塔は薄暗い杉林の中に荘厳さをただよわせて建っていました。その雰囲気は「古くからの山岳修験」を身をもって感じさせるものでした。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

湯殿山神社 点描

湯殿山神社 点描

web-242.jpg

web-243.jpg

web-244.jpg

web-245.jpg

web-246.jpg

 月山登山が出来なかったので、急きょ出羽三山神社めぐりに変えました。月山神社は月山の頂上の神社に行けなかったので、ロープウエイで登ったところにある山小屋の中の神社でお参りしたことにし、湯殿山神社に向かいました。やはり小雨が降っていて、時間の都合上、湯殿山本宮にはいけなっかたのですが、大きな大鳥居を見ただけでもその壮大さ荘厳さがわかるような気がしました。今度はゆっくりと時間をとって,修験道の気持ちを感じてみたいと思います。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

霧の「月山湖」

霧の「月山湖」

web-240.jpg

web-238.jpg

web-241.jpg

web-237.jpg

web-239.jpg

 月山に行く途中、寒河江ダムの月山湖に寄りました。この湖の最大の売りが高さ112mも上がる月山湖大噴水です。総事業費2億7千万円も投じただけあって、日本一、東洋一、世界第4位の噴射能力をもっているそうです。実際に見てみるとさすがに迫力がありました。
 しかし、月山湖の魅力はそれだけではありませんでした。ちょうど霧がわいていたので、幻想的な姿を見ることができ、寄った時の幸運にただただ感謝感謝でした。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

月山「残雪」

月山「残雪」

web-235.jpg

web-233.jpg

web-232.jpg

web-236.jpg

web-234.jpg

 昨日まで3日間、山形県の月山登山に仲間とともに出かけてきました。ちょうど今頃は、登山道の山野草が色々と咲いているということで、何か月も前から計画を立てて楽しみにしていました。
 しかし、月山スキー場のリフト乗り場から残雪があり、リフトから降りた途端に強い風が吹き、ガスがかかってて先はほとんど何も見えないという様子でした。しかも、係員からはアイゼンを装備していかないと安全には登れないと忠告され、私たち登山の素人はすごすごと引き帰えざるをえませんでした。ということで、月山登山はできなかったのですが、ガスがかかった時の残雪の様子を写真に撮れたので、私にとって行った意義がありました。趣味があればこそ有意義に過ごせると感じた1日でした。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

あじさいの津軽富士見湖

 あじさいの津軽富士見湖

web-227.jpg

web-231.jpg

web-229.jpg

web-230.jpg

web-228.jpg

 わが町の津軽富士見湖は季節によって色々な姿を見せてくれます。桜の時期には桜祭りが行われることもあって、たくさんの人々が訪れますが、あじさいの時期も捨てがたいものがあります。町ではあじさいの名所にしようと、各町内会に管理の分担をきめて、町全体で頑張ってます。訪れる人は残念ながら少ないのですが、逆に人気のない中で鑑賞するのも、あじさいの落ち着いたしっとり感が更に感じられ、あじさい鑑賞の穴場といえるのではないでしょうか。



ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

花菖蒲といえば「菊ヶ丘公園」

花菖蒲といえば「菊ヶ丘公園」

web-203.jpg

web-224.jpg

web-226.jpg

web-225.jpg

web-223.jpg

 津軽地方で花菖蒲といえば五所川原市の菊ヶ丘公園が有名です。旧五所川原農林高等学校跡地を利用した公園で、69種約5万株の花菖蒲が植えられています。
 朝早く行ったときは、花菖蒲から受ける爽やかさと朝独特の空気がマッチして、なにかしら得した気分になれますよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

初夏の光景

初夏の光景

web-328.jpg

web-326.jpg

web-330.jpg

web-329.jpg

web-327.jpg

 一年間の季節の中で、私が一番好きな時は、春先の芽吹きの時期です。長い冬を我慢し、どれも生き生きとした姿を現すからです。しかし、初夏の光景もそれにひけをとりません。陽の光がさんさんとふりそそぎ、梅雨のあいだの青空とタイアップして、万物が生きているという印象を与えるくれるからです。皆さんはどの時期が好きですか。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

赤石川 金アユ解禁

赤石川 金アユ解禁

web-334.jpg

web-334.jpg

web-332.jpg

web-333.jpg

web-335.jpg

web-331.jpg

 7月1日からアユ釣りが解禁になりました。青森県でアユ釣りといえば、やはり鰺ヶ沢町の赤石川でしょう。なぜなら、赤石川のアユは魚体が金色を帯びて「金アユ」と呼ばれているからです。そうなる理由は赤石川に含まれる黄鉄鉱の成分がアユに吸収され、背や腹部を金色にするからだといわれています。
 毎年、高知県で開催されている「清流利き鮎会」で2度も準グランプリに輝くほど、香りや食味が優れていると全国的に知られています。ぜひ、金アユを食べに来てください。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ