五所川原市

カテゴリ:五所川原市 の記事一覧

つがるあすなろライン 新緑

つがるあすなろライン 新緑

web-3006.jpg

web-3007.jpg

web-3008.jpg

web-3009.jpg

web-3010.jpg

 つがるあすなろラインは五所川原市の飯詰地区から、津軽半島の山を越えて青森市の野木和地区に出る県道26号線の愛称です。 アスナロとはヒノキ科の常緑針葉樹で、青森県では「ヒバ」とよばれ、青森県を代表する木材です。そのヒバの木がたくさん植えられているので、あすなろラインとよばれているのです。
 実際に通ってみるとヒバ以外に、広葉樹林が結構あります。その広葉樹林が、新緑の美しさを出すので、通っていて本当に気持ちを清々しくさせてくれますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

北限の梅

北限の梅

web-2981.jpg

web-2982.jpg

web-2983.jpg

web-2984.jpg

web-2985.jpg

 五所川原市の山すそ、神山地区の標高142mの小高い山で、園内には約2,000本の「北限の梅林」があります。春には新緑とともに桜や梅の花が同時に咲き誇ります。それで、「北限の梅林」まつりを行い、そば、おでん、農産物加工品の販売を行って楽しんでいます。
 桜に比べてボリュウームが足りないので物足りないところもあるのですが、梅の花がこれだけ咲くのはここしかないので、結構人は訪れていました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

夕陽の堺野沢ため池

夕陽の堺野沢ため池

web-2936.jpg

web-2937.jpg

web-2938.jpg

web-2939.jpg

web-2940.jpg

 湖面が真っ白だった、五所川原市の堺野沢ため池もすっかりと雪が消え、春を待っている感じです。 ここは山のすそ野の中にあるので、夕陽が湖面を照らすのに難しい条件にあります。 でも、このときは丁度よい夕焼けがあったので、湖面は赤く色づいていました。 色づくと日中とは全然違った光景になるので、夕陽の写真撮りは楽しいですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

金木川

金木川

web-2731.jpg

web-2732.jpg

web-2733.jpg

web-2734.jpg

web-2735.jpg

 金木川は五所川原市の金木地区を流れている川で、岩木川に合流します。小さな川で、夏に見ると何の変哲もない川ですが、冬は魅力的です。やはり雪は魔物ですね。冬に川を撮りに歩くのは好きですよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

津軽名産 干餅づくり

津軽名産 干餅づくり

web-2921.jpg

web-2922.jpg

web-2923.jpg

web-2924.jpg

web-2925.jpg

五所川原市の俵元地区では、今の時期盛んに、津軽の昔からの名物である干餅づくりが行われています。干餅とは四角に切った餅を、寒風にさらしてつくる餅のことです。津軽の保存食として、昔は各農家で今の時期つくっていたものですが、今は専門的に作っている農家だけです。俵元地区では、前は15軒近く干餅を作っていたそうですが、今は7軒しかなくなったそうです。
 干餅は他県にはなく、青森県でも津軽地方にしかない食べ物です。その食べ物が、ずらっと垂れ下がっているのを見ると、壮観ですね。
 他県には売っていないそうですから、食べてみたい人は、取材した兼成さんに連絡してみてください。
 「〒037-0623 青森県五所川原市大字俵元字松代46-1 兼成健逸」

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ