FC2ブログ
五所川原市

カテゴリ:五所川原市 の記事一覧

晩秋の堺野沢ため池

晩秋の堺野沢ため池

IMG_0555.jpg

IMG_0541.jpg

IMG_0616.jpg

IMG_0537.jpg

IMG_0593.jpg

 堺野沢ため池は五所川原市東部の山すそにあるため池です。 我が家からは車で15分ぐらいで行けるし、ため池を一周出来る散策路があるので、散策を兼ねて行きます。
 久しぶりに行ったら、すっかり晩秋のたたずまいをしていました。 あまり寒くなかったので、落ち葉を踏みしめながら気持ちよく、一周して帰ってきました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

あすなろラインの紅葉

あすなろラインの紅葉

IMG_7746.jpg

IMG_7642.jpg

IMG_7659-2.jpg

IMG_7613.jpg

IMG_7700.jpg

 あすなろラインは五所川原市の飯詰地区と青森市の野木和地区を結んでいる、県道26号線の愛称です。 山の中を通る道路なので変化に富んでいます。 
 今の時期、山に行けばどこでも紅葉はみれますが、気軽に車で行ける道路なので、紅葉を楽しむための隠れた名所になるのかもしれませんね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

日吉神社

日吉神社

IMG_5969.jpg

IMG_5967.jpg

IMG_5976.jpg

IMG_5994.jpg

IMG_5925.jpg

 山王日吉神社は、五所川原市の飛び地、十三湖北岸、相内集落の北東の山の中にあります。 比叡山麓の日吉大社より生じた神道の信仰「山王信仰」に基づいて、日吉神社から勧請を受けて祀られている神社で、全国におよそ3800社ある日吉・日枝神社のうちのひとつです。 神社のある場所は山王坊とよばれ、発掘調査で室町時代の遺構、遺物が発見され、同時期に十三湊一帯を支配していた安東氏との関連性が分かりました。 山王日吉神社は安東氏が日吉大社より勧請し造り上げた神社で、土着の信仰と山王信仰を併せたようなものであったと考えられているようです。
 行ってみると鬱蒼とした杉林の中に神社はありました。 中を歩いていくと、室町時代に建てられていた寺院の土台があったりして、間違いなく津軽のパワースッポトだと思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

朝陽の菊が丘運動公園

朝陽の菊が丘運動公園

IMG_4575.jpg

IMG_4590.jpg

IMG_4500.jpg

IMG_4626.jpg

IMG_4479.jpg

 朝起きて空を見たら秋晴れでした。 それで、早速我が家からは車で5分ぐらいで行ける菊が丘運動公園へ行ってみました。 爽やかな空気と日差しの下、早速散策しました。 早朝の散策は本当に爽快ですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

川倉賽の河原・地蔵尊

川倉賽の河原・地蔵尊

IMG_6015.jpg

IMG_6026.jpg

IMG_6049.jpg

IMG_6022.jpg

IMG_6001.jpg

 青森県の霊場といえば、日本三大霊場の一つ恐山が有名ですが、津軽地方にも規模は小さいですがあちこちにあります。 その中で一番有名なのが、五所川原市の金木地区芦野公園のそばにある川倉賽の河原です。 境内には、2000体もの地蔵や、未婚の男女の霊を供養する人形などが供えられ、只ならぬ雰囲気が感じられます。
 例年、旧暦の6月22日から24日にかけて、川倉賽の河原地蔵尊の例大祭が行われています。 今年は8月11日から13日にあたるので早速行ってみました。 例年なら大々的に宣伝もするのですが、近づいてものぼり旗は少なく、本当に小規模で参拝客も圧倒的に少なかったです。 やはり、コロナの影響です。 それでも、中止することなく、地蔵尊は新しい洋服に着替えられ、虚しく亡くなっていた子供たちの霊を弔う民俗信仰がきちんと行われていたことに感心しました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ