FC2ブログ
田舎館村

カテゴリ:田舎館村 の記事一覧

田舎館弥生里凧揚げ大会

田舎館弥生里凧揚げ大会

web-4256.jpg

web-4257.jpg

web-4258.jpg

web-4259.jpg

web-4260.jpg

 津軽地方には昔から津軽凧の大会が行われています。 津軽凧の特徴はねぷたとも共通する、勇壮な武者絵などが描かれた凧です。 年中通して、ときどき凧揚げ大会が行われているようですが、なかなか情報が入らず、見る機会がありませんでした。
 今回、南津軽郡の田舎館村の道の駅の付近で行われるという情報を得て行ってみました。 行ったときは風がなかったので、どうなるのかと気をもんでいましたが、大会が始まると程よい風が吹き始めて、見事に大凧が揚がりました。
 冬は体を動かす機会が少ないだけに、凧揚げ大会を開いて、酒を楽しみながらみんなで騒ぐというのは、一つの健康法かもしれませんね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

田舎館村ネプタ

田舎館村ネプタ

web-3766.jpg

web-3767.jpg

web-3768.jpg

web-3769.jpg

web-3770.jpg

 田舎館村は弘前市から黒石市に行く途中にある、小さな村です。 津軽地方ではその地域地域で昔からネプタが運行されています。 青森市や弘前市のねぶたに比べると規模は比較にならないくらい小さいですが、子どもが活躍するねぶたも多く、温か味かあって、私は好きですね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

日本一の田舎館田んぼアート

日本一の田舎館田んぼアート

web-3221.jpg

web-3222.jpg

web-3223.jpg

web-3224.jpg

web-3225.jpg

 今年も田舎館の田んぼアートが見頃になったと、新聞で紹介されていたので早速行ってみました。 田んぼアートは田舎館村の2会場で行われています。 日中に行ったとき、田舎館村役場会場では、混んでいて一時間近く待たされた時があったので、今回は開場時間8時30分にいきました。 お陰様で、観光客は少なくゆっくりと鑑賞できました。
 行くたびごとに、絵柄が難しくなっていて、本当に見事としか言いようがありません。 展望台から見てちょうどよいように遠近法を駆使する技術にはただただ感心するばかりです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

日本一の田んぼアート、石アートも追加

日本一の田んぼアート、石アートも追加

web-1787.jpg

web-1788.jpg

web-1789.jpg

web-1790.jpg

web-1791.jpg

  田んぼアートでは日本一を誇る田舎館村の田んぼアートが見ごろを迎えました。毎年のように見に行くのですが、行くたびに本当に感心してしまいます。下から見れば、何をどのように植えているのか全く分かりませんが、役場の展望台から見ると、本物の絵のように見えるから不思議です。
 3年前から、第2会場で子供対象の田んぼアートもつくられ、今年からは第2会場で、石のアートも飾られました。石を置いて作られた高倉健は、私たちに「お前ら、まじめに生きているかい!」と言っているように感じました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

日本一の田んぼアート 田舎館村

日本一の田んぼアート 田舎館村

web-1152.jpg

web-1153.jpg

web-1154.jpg

web-1151.jpg

web-1155.jpg

 日本全国で100ヶ所以上の田んぼアートがありますが、その元祖は田舎館村の田んぼアートです。
 特色ある役場庁舎から見る田んぼアートは、さすが元祖だけあって、いつみても一番見事だと思います。22回目の今年は世界遺産になったのを祝い、富士山を望む三保松原で羽衣をまとって美しく舞う「富士山と羽衣伝説」でした。
 また、大好評なので、3年前からは第二会場をつくり、子供向けのアートを作っています
 下から見れば、何の絵なのか全くわかりませんが、遠近法をものの見事計算しつくして作った田んぼアートには、びっくりするとともに本当に感心してしまいますね。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ