八戸市

カテゴリ:八戸市 の記事一覧

種差海岸・中須賀

種差海岸・中須賀

web-3216.jpg

web-3217.jpg

web-3218.jpg

web-3219.jpg

web-3220.jpg

 中須賀は八戸市の東部、太平洋側に面した海岸で、岩礁の入り江に整備された遊歩道沿いに花々が咲き誇る、「花の渚」とも呼ばれる種差海岸を代表する景観の一つです。
 初夏の遊歩道沿いにはハマヒルガオ・スカシユリなどの海浜植物と、ニッコウキスゲ・ノハナショウブなどの高山植物が隣り合って咲く希少な場所として有名です。 今の時期は、ハマギクが満開でした。 岩礁地帯だけあって変化があり、海のそばで一面に咲くハマギクを見ながらの散策は、他の所ではありえないので、大変印象深かったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

櫛引八幡宮

櫛引八幡宮

web-2580.jpg

web-2581.jpg

web-2582.jpg

web-2583.jpg

web-2584.jpg

 櫛引八幡宮は八戸市の中心街から山手のほうにある神社です。この神社が有名なのは、やく800年前この地方を治めた南部家の初代光行公が草創したといわれ、鎌倉時代から続く南部藩ゆかりの総鎮守だからです。本殿は国指定の重要文化財で、国宝館では所蔵する国宝の赤糸威鎧や白糸威褄取鎧をはじめとした宝物を見れます。
 ほかの神社では見ることが出来ないいろいろなものがあって、本当に面白かったです。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

ハマギク満開の葦毛崎

ハマギク満開の葦毛崎

web-2575.jpg

web-2576.jpg

web-2577.jpg

web-2578.jpg

web-2579.jpg

 葦毛崎は八戸市のうみねこの繁殖地として有名な蕪島から少し行ったところにある岬ですが、見晴らしがよいので、360度見える展望台が造られています。そこから見ると、気持ちがさっぱりします。
 三陸復興国立公園に指定されているここ種差海岸は花の種類が多いことでも有名ですが、今はハマギクの花があちこち咲いていました。この時期に訪れたのは初めてだったので、ハマギクの見事さに満足しましたよ。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

種差天然芝生地

種差天然芝生地

web-2287.jpg

web-2288.jpg

web-2289.jpg

web-2290.jpg

web-2291.jpg

 種差天然芝生地は種差海岸のほぼ中央のところにあり、名前の通り天然の芝生が広々と敷き詰められていいます。そこから海岸に降りていくと、荒々しい岩があって、変化に富んでいるところです。
 広い芝生を眺めているだけで、開放的な気持ちになり、さらにいろいろな人々がゆっくりと楽しんでいる姿をみると、平和な一時はいいなあとつくづく思いました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ

葦毛崎展望台

葦毛崎展望台

web-2282.jpg

web-2283.jpg

web-2284.jpg

web-2285.jpg

web-2286.jpg

 葦毛崎展望台は、八戸市の太平洋側、平成25年に三陸復興国立公園に指定された種差海岸の遊歩道の起終点にあたるところにあり、180度以上の太平洋を見渡せ、眺望の素晴らしさで有名なところです。
 種差海岸は四季折々の高山系植物をはじめとする約400種の花々が咲き乱れるのでも有名ですが、この時期はニッコウキスゲが目立っていました。眼下に種差海岸をみると、気持ちがさっぱりとしました。

ランキングに参加しています。応援をポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ